大町三蔵の御紹介

【北安大國】 北安醸造(株)

 大正12 年創業。お米のおいしさをそのまま味わえるほのかな甘口蔵。三蔵の中では一番小さな蔵ですが、小さいからこそ細部にわたって気を配り、大事に日本酒を造っています。大町では最大級の木造建築で、二階に麹室がある珍しい造りです。
呑み歩き当日は普段は覗けない奥まで入ることができるのも魅力。

蔵での催し

 呑み歩き当日は蔵の二階部分を特設のスペースにして、「Ogozze( オゴッツェ)」松田紫帆さんによるピアノ演奏が行われます。

北安醸造(株) Web>>
3kura_daikoku

【白馬錦】 (株)薄井商店

 明治39 年創業。酒質の穏やかな旨口の酒造りが身上。「大町の景観を守りたい。」という社長の思いから、エコファーマーの資格を持つ地元契約農家さんが造る酒米を使用し、日本酒の原点を探求しながら大吟醸から普通酒に至るまで、丁寧な酒造りをしています。

蔵での催し

 呑み歩き当日は米蔵にて、「原始感覚美術祭2016 〜地は語る、水のかたりべ〜」の一環として「昇窯 酒の酒器展」を開催。今年も平林昇さんの手による新作焼物の展示販売を行います。
またお酒を用いた、お酒グッズの展示販売を行います。

(株)薄井商店web>>
3kura_hakuba2

【金蘭黒部】 (株)市野屋商店

 慶応元年創業。キレ良くすっきりと丁寧に仕上げたやや辛口の味わいです。三蔵の中で一番古く、明治始めの建物を現在もそのまま使っていて、なまこ壁につけられた温度調整の窓や「煙抜き」など、昔からの酒造りの知恵を今に伝えています。

蔵での催し

 呑み歩き当日は、「影武者」のシンセサイザーコンサートが行われます。

(株)市野屋商店 Web>>
3kura_kuorbe2
Copyright© 2010 北アルプス 三蔵呑み歩き All Rights Reserved.