大町三蔵の御紹介

【北安大國】 北安醸造(株)

 大正12 年創業。お米のおいしさをそのまま味わえるほのかな甘口蔵。昔ながらの小さな蔵ですが、小さいからこそ細部にわたって気を配り、大事に日本酒を造っています。
大町では最大級の木造建築で、二階に麹室がある珍しい造りです。

蔵での催し

 呑み歩き当日は普段は覗けない奥まで入ることができるのも魅力です。

北安醸造(株) Web>>
3kura_daikoku

【白馬錦】 (株)薄井商店

 創業明治39 年。名峰白馬三山にちなんで『白馬錦』と命名されました。大町産の米と北アルプスの清冽な水、恵まれた自然環境のもと、「甘からず、辛からず、呑み飽きない酒」こんなお酒を目指しながら、大町の郷酒を造り続けています。

蔵での催し

 呑み歩き当日は、北アルプス地域振興局農政課/農業改良普及センターによる、「深水栽培米」及び「信交酒545号(山恵錦/サンケイニシキ)」による新しいお酒の発表を行います。
詳しくはこちらのURLをご覧下さい。

※.なお「深水栽培米」及び「信交酒545号」の試飲につきましては、三蔵呑み歩き参加証となる酒器をお持ちの方のみとさせて頂きます。予めご了承下さい。

(株)薄井商店web>>
3kura_hakuba2

【金蘭黒部】 株式会社かぶちゃん信州酒造

 明治時代の町家、土蔵群が残る酒蔵。通りに面した「なまこ壁」や建物の隣家との境にそびえる「うだつ(防火壁)」など、創建当時のたたずまいを今に伝えます。

蔵での催し

 呑み歩き当日は、シンセサイザー奏者「影武者」演奏会を実施。
お酒を片手に、幾棟もの建物の土壁に反響するシンセサイザーサウンドをお楽しみ下さい。

市野屋 Web>>
3kura_kuorbe2
Copyright© 2010 北アルプス 三蔵呑み歩き All Rights Reserved.